奈良原産業について

お客様に信頼していただける品質の確立を目指し日々取り組み社会に貢献することを実践します

経営理念

生産活動を通じ、お客様の喜びを仕事のやりがい、そして人生の生きがいとし存在価値のある企業として、雇用創出及び地域社会へ貢献し還元し続けていく!

経営方針

安心力

お客様へ安心力

信頼ある品質力、感動する技術力、誠意ある対応力

職場への安心力

5Sの守られている働きやすい職場環境創り

家族への安心力

家族の「幸せ」への追求型企業創り

社会への安心力

環境、雇用に配慮したコンプライアンスの守られた会社創り

沿革

1973年10月 奈良原正雄が”奈良原塗装産業”を創業
1992年3月 大泉町に本社工場を新設
1993年 印刷部門を立ち上げる
1994年 社名を”奈良原産業”に社名変更し塗装・印刷加飾を行い設備・人員の充実を図り業務拡大の目論見を図る。
2000年 法人化を図り資本金300万に増資し”有限会社奈良原産業”設立(代表取締役 奈良原裕)
2001年12月 印刷部門を千代田町に移転し千代田工場設立
2003年 ガラスコーティング開発開始(千代田工場研究室にて)
2005年2月 群馬県1社1技術に認定(表面ガラスコーティング)
2005年 群馬県産業技術センターにて公募型共同研究開始(表面ガラスコーティング)
2006年2月 首都圏北部地域ビジネスマッチング商談会出展(東京国際フォーラム)
2006年5月 群馬県大泉町に富士工場(印刷部門)を新設
2006年10月 有限会社から株式会社へ社名変更・資本金1000万に増資
2007年5月 群馬県大泉町に朝日工場(印刷部門)を新設
2008年8月 埼玉県菖蒲町に埼玉工場(塗装部門)を新設
2010年 2006~2010年群馬産業技術センターにて共同開発研究
2010年1月 2009年ものづくり中小企業製品開発支援補助金採択し支援を受け1月にはカーエレクトロニクス展(ビックサイト)出展
2010年8月 日刊工業新聞に表面樹脂ガラスコーティングが掲載
2010年9月 群馬県邑楽町に本社工場新設し4工場を集約
2010年9月 新たに新分野として真空蒸着/UVスピンドル塗装設備を開始する
2010年10月 メッセナゴヤ2010 環境エネルギー展出展
2011年5月 日立展示会出展
2012年6月 デンソー展示会出展
2015年12月 真空蒸着装置増設 2基体制となる
2016年4月 メジャーカップへのガラスコートがテレビ東京『ガイアの夜明け』に紹介される
2018年6月 平成29年度補正ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金採択
「先駆的な自動画像検査システム導入による不良率ゼロ化と生産性向上」
2019年6月 平成30年度補正ものづくり・商業・サ-ビス生産性向上促進補助金採択
「試作開発の専用ライン設置による生産性向上と高難度・高付加価値の受注拡大」